PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス

PERSONA-UX

PERSONA-UX

1台7役の優れた機能でボディとフェイスの
気になる部位のトータルケアを実現した
最新のプロフェッショナルビューティマシン ※LED機能含む

PERSONA-UXペルソナ ユーエックス
PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス

シリーズ初のタッチパネル方式を採用し、操作性と視認性に優れた高輝度液晶ディスプレイと目的別に選択可能な6種の高性能ユニットで誰でも簡単に本格的なサロンケアが体感できます。BODY用ユニットは、ウルトラサウンドとRF、EMS&吸引の3つの組み合わせで、痩身理論に基づいたボディメイキングを実現し、FACE用ユニットでは、肌深層から浅層へとマルチに働きかけるRFとEMS、ELと最新のサーモテクノロジーによるサーマルスタンプの4つの機能によって、自分史上最高のスキンコンディションとフェイスラインを創り上げます。

PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス

キャビテーション(ULTRASOUND)
について

PERSONAのウルトラサウンドは、特殊な超音波の振動で頑固な脂肪に効率よくアプローチ、セルライトを柔らかく揉みほぐす28kHzのパワーキャビテーションを採用しています。一秒間に2.8万回の超音波振動は、美容痩身で用いられる一般的な超音波と比べて振動回数が少ないため、物理的な振動は強く(大きく)、身体の深層にまでエネルギーが浸透します。低周波領域の音波振動は、衝撃から内臓を守る役割でもある脂肪層の抵抗によって振動エネルギーが吸収されるため、超音波の振動マッサージ効果によって繊維化したセルライトの分解効果が得られます。

PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス キャビテーション(ULTRASOUND)について PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス キャビテーション(ULTRASOUND)について

骨伝導音の仕組み

骨伝導は簡単に説明すると「骨に伝わる振動を音で聴く」ということです。音波は伝搬する媒質によって速度が異なり、気体よりも液体、液体よりも固体の方が速く伝わります。骨伝導音は照射する場所によって異なりますが、骨(個体)の近くは素早く反響する為、キーンという音はより強く聞こえます。※ヒトの場合は頭蓋骨から近い距離であるほど音が強く感じます。骨伝導の安全性を心配する声がありますが、骨導音は自分の声を出すたびに発生している自然な音の一つのため、骨伝導が人体に害を与えることはありません。頭蓋骨に振動を伝えることから骨や脳に悪い影響を与えるという話は全くの俗説です。

ラジオ波について

ラジオ波の原理と温熱効果

RFとは、Radio frequency(ラジオフリークエンシー)の頭文字の略語でラジオ波、高周波と呼ばれます。光(赤外線・可視光線・紫外線)はTV電波と同じ電磁波の一種ですが、搬送電波で使用される30~300MHzの電磁波は、エステ機器で使用する帯域が無線周波数に該当するため慣習的にラジオ波(RF)と呼ばれています。RFの温熱作用のメカニズムは、電波によって食品の水分を振動させて摩擦熱(ジュール熱)を起こす電子レンジの仕組みに似ています。ラジオ波の温熱効果によって血行が促進され、引き締まりや脂肪燃焼を促し、血液やリンパの流れがスムーズになることで、余分な老廃物や水分が体外に排出され基礎代謝が上がります。

PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス ラジオ波について

フェイシャルへの温熱効果

①ジュール熱→②血行促進→③リンパ巡り改善→
④引き締め効果

3PINの導子先端から流れる高周波が、体内の水分や細胞同士を振動させることで摩擦熱が生じ、血色感が高まると同時に高い引き締まり効果が得られます。ジュール熱がHSP(ヒートショックプロテイン)を活性化するため、損傷したコラーゲンが自然治癒力によって生成される効果が期待できる他、毛細血管が若返ることで血流が改善され十分な酸素と栄養を送り届けることが出来ます。

ボディへの温熱効果

①ジュール熱(摩擦)→ ②血行促進→ ③脂肪燃焼→
④引き締め効果

ユニット先端から流れる高周波電流によって、体内の水分や細胞同士が振動することで摩擦熱が生じ、体内温度が上昇します。血液やリンパの流れがスムーズになることで、余分な老廃物や水分が体外に排出されやすくなります。巡りが改善されることで冷えやむくみが取れ、代謝が上がることで太りにくい=痩せやすい体質になります。

EMS&吸引
(サクション)とは

EMSとは「Electrical Muscle
Stimulation
=筋電気的刺激」の略称

EMSと吸引の相乗効果により、筋肉を動かしながら血流を促進し、立体的でメリハリのあるボディラインとリバウンドしにくい身体作りを目指します。ペルソナの4kHz中周波は従来のEMSと比べて皮膚抵抗が少ないため、電気の独特な痛みを感じにくく、皮下3~4cmまで効率よく浸透し、排出効果を高めます。

PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス EMS&吸引とは(サクション)

EMS(電気的筋肉刺激)
による
引き締まり効果

独自のフラット電極によって、効率良くエネルギーを消費し、負荷をかける運動をせずに気になる部位のケアが可能です。EMSによる筋肉の収縮運動は脂肪分解と燃焼効果が期待でき、余分な水分や老廃物をリンパへ流し、むくみの無いスッキリとしたボディラインを作ります。

吸引(SUCTION)

独自の5種類のリズミカル吸引と10段階の吸引レベルによってコンディションに合わせたケアが可能です。エステティシャンのハンドの動きのようなタッピング(たたき)と、引く力のカッピング(吸い玉)効果によって、 リズム感のある「ストレッチ」「筋肉運動」「揉みほぐし」の3つの同時効果で、分解、燃焼された脂肪の体外排出を促します。

エレクトロポレーションとは

革新的新技術!
波形選択式Y字型ボールユニット

新機能のEMS/ELは、3.7kHzの中周波EMSと微弱な500Hzのエレクトロ電流の2種類の異なる波形切り替えを可能にした1本2役の革新的なフェイスユニットです。EMSモードは加齢変化が表れやすい表情筋に働きかけ、すっきりと引き締まったフェイスラインを提供し、ELモードではヒアルロン酸やコラーゲンといった高分子美容成分を肌深層へ素早く浸透させます。

PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス エレクトロポレーションとは

EMSの引き締め効果

PERSONAの中周波EMSは、お顔の表情筋トレーニングを行うことができます。低周波と異なり電気的な不快な痛みやピリピリとした刺激が少なく、通電している間は表情筋が収縮し、通電を止めると筋肉は弛緩するため、加齢変化が現れやすいフェイスラインの引き締めに効果を発揮します。日常生活では30%程度しか使われていないと言われている表情筋をEMSで動かすことで、顔の左右のバランスを整え、キメの整ったむくみの無いスッキリとした印象へ導きます。

ELの美容効果

エレクトロポレーションとは電子穿孔(せんこう)法と言われる特殊な電気パルスを美容に応用した技術です。電気パルスによって表皮のバリア機能を一時的に低下させ、通常では浸透出来ない親水成分や高分子成分をイオン化せずに高分子のまま導入することが可能で、イオン導入と比べ約16~20倍の美容効果があると言われています。

サーマルスタンプ
とは

DIOⅢのTHERMAL STAMPは、高周波をフラクショナル化(断片)して点状に肌へ照射することで、表面のダメージを最小限に抑えながら、針のような状態で照射した熱エネルギーを深層で効果的に広がるように設計された最新のRFテクノロジーです。その特徴的な熱ダメージ形成により、創傷治癒によるコラーゲン生成によるスキンリジュビネーション効果(肌質の若返り)と皮膚のタイトニング効果(肌の引き締め)が注目されています。

PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス サーマルスタンプとは
  • PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス サーマルスタンプとは
  • 一般的なRFの照射エネルギーの強さは、肌の表面から深部へ向かうほど小さくなっていくため、深部に熱を届けようとすると肌表面の負担が大きくなります。

  • PERSONA-UX ペルソナ ユーエックス サーマルスタンプとは
  • サーマルスタンプの照射エネルギーは、皮膚表面から深部へ点状(針状)に送られるため肌表面の負担は少なく、深部で広がる熱効果が高い。

サーマルスタンプの美容効果

スタンピング刺激&針(点状)加熱方式による美容効果を目的としています。点状に照射することで肌表面のダメージを最小限に抑えつつ、肌内部で熱エネルギーを広げることで、真皮の創傷治療効果(傷を自ら治そうとする作用)を引き出し、コラーゲンやエラスチンの生成が期待できるため、肌のハリや艶、潤いを与え、キメの整った状態へ導いてくれます。肌表面の負担を最小限に抑えた針状照射の技術は、時間差で熱を感じる「ヒートバック現象」がありますので、DIOⅢではオーバーケア防止のため初期設定は100プッシュ、最大200プッシュに設定しています。

PERSONA-UX
の仕様
本体サイズ 459 (W) x 365(D) × 1007(H) 重量 26kg
電圧 AC 100V 50/60HZ 消費電力 100W ※高周波出力時50W以内
Display タッチパネル式 10inchモニター    

PICK UP

CONTACT

商品に関するお問い合わせなど、お気軽にお尋ねください。

お問い合わせ